とちぎコープとは

お買い物・サービス

コープの商品

社会的な取り組み

参加・イベント

地域の子育てを応援

子育てしながら気軽に参加できる場の提供や、子どもたちの巣立ちに向けたサポートを、地域の中でさまざまなかたちで広げています。

親子で参加できる交流の場【子育てサロン】

とちぎコープではコープの大型店舗2店舗で、子どもたちを遊ばせながら気軽におしゃべりができる子育てサロン『とんとん』(コープ越戸店)と『ぷくぷく』(コープ栃木店)を開設しています。サロンの運営は「NPO法人ウィズ」に委託し、2016年度の開催回数は両会場合わせて101回、参加者は延べ5,288名になります。

「子育てサロン」についてはこちら
子育てひろば利用者の写真

“とんとん”での様子

子育てサロン開催数と利用親子(組数)

  開催回数 利用親子(組数)
2014年 103 2,274
2015年 102 2,180
2016年 101 2,308

学童保育・保育園などへ商品配達

コープデリ宅配では学童保育・保育園などの法人に対して、おやつなどの食材を中心にお届けしています。

2016年度、とちぎコープでは435の学童保育・保育園などの法人利用施設にお届けしました。

配達の様子

学童保育・保育園などへの商品のお届け法人利用施設数

2014年 147
2015年 387
2016年 435

地域の子どもたちの交通安全を願って【小学校にランドセルカバーの寄贈】

とちぎコープでは、2010年から地域の子どもたちの安全を守る社会貢献活動の一環として、ランドセルカバーの寄贈を行っています。2016年度からは横断旗の寄贈も行っています。

ランドセルカバーのイメージ
鹿沼市での寄贈式の様子

鹿沼市での寄贈式。左からとちぎコープ塚原常務、佐藤信鹿沼市長、高橋教育長

2016年とちぎコープ ランドセルカバー・横断旗の贈呈数

  配布学校数 配布枚数
ランドセルカバー 57 2,232
横断旗 55 110

職業体験・社会科見学を積極的に受入れ

とちぎコープでは、事業所近隣の学校から職業体験、社会科見学などを積極的に受け入れてきました。

説明を聞く小学生の写真

地域の中で組合員同士の助け合い

くらしの中での困りごとのお手伝いや家事の援助など、産前産後、子育て中などで、ちょっとした手助けが必要なときに、組合員同士が有償で助け合える活動をしています。

2016年度の助け合い活動の活動時間は1,180時間でした。

たすけあいの組織のイメージ

手助けをご希望される組合員と、手助けができる組合員をコープデリグループがつなぎます

コープくらしの電話相談室

子育て・育児の悩み、くらしの悩みなど、さまざまな問題でお悩みの方、一人で悩まず、お気軽にお電話ください。

「コープくらしの電話相談室」について詳しくはこちら
コープくらしの電話相談室イラスト