食育「たべる、たいせつ」の取り組み

食を中心としたネットワーク(つながり)づくりを通じて、食べることの大切さや食文化を次世代につなげています。

商品案内やお店の売場で、健康情報や食育を積極的に発信

おいしさ・健康を重視した商品開発・品揃えを進めました。

宅配の商品案内「いきいきくらす」では、減塩も重視しながら、介護に関連する食品を特集しています。

店舗でも「おいしさ」「簡便」「即食」とならんで「健康」をテーマの柱と位置づけ、試食の時に「一汁三菜 健康ごはん」として食育情報を発信しました。
また、女子栄養大学と結んだ「産学連携包括協力に関する協定」をベースに商品開発を提携した「健康弁当からだ健やかシリーズ」は大好評で、2015年4月13日の発売から約1年間で14品目約60万食のご利用をいただきました。

● 宅配商品案内での紹介

「いきいきくらす」誌面の写真

● 店舗での情報発信の例

豆腐ハンバーグと豆・雑穀たっぷり弁当の写真

「健康弁当 からだ健やかシリーズ」の「豆腐ハンバーグと豆・雑穀たっぷり弁当」が、「惣菜・べんとうグランプリ2016」(主催:日本食糧新聞社)で「健康・ヘルシー部門」の優秀賞を受賞

「健康弁当 からだ健やかシリーズ」の売り場の様子
一汁三菜 健康ごはんのチラシ画像

「うつのみや食育フェア」に参加

10月2日、「第11回 うつのみや食育フェア」(宇都宮城址公園・オリオンスクエアの2会場、食育フェア実行委員会主催)に、生活クラブ生協、よつ葉生協と共に参加しました。
とちぎコープは、7月に行った「野菜に関するアンケート」のパネルを紹介し、組合員さんが行っている調理法、感想などを紹介しながら、県連ブースとしてのアンケートの答えの1つ「1日あたりの野菜接種目標350g」の展示と啓発活動を行いました。

とちぎコープのブースの様子

パネルの説明と「食育クイズ」を実施しました

野菜に関するアンケートのイメージ

野菜を食べる工夫などが紹介されたアンケート

とちぎコープが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。