次世代育成支援行動計画

次世代認定マーク「くるみん」取得

認定マーク「くるみん」

“くるみん”は、厚生労働省の施策に基づいて、仕事と子育ての両立、働きやすい職場環境の整備などによって、職員がその能力を十分に発揮できるように、行動計画を取り組んでいる企業を認定しています。とちぎコープでは、次世代育成支援対策推進法に基づく取り組みを行い、子育てサポート企業としての厚生労働省の認定を受けて、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得しています。

これからも、とちぎコープでは仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境の整備を進めていきます。

認定年度 2010年、2013年

とちぎコープ第5期次世代育成支援行動計画

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにする為、次のように行動計画を策定します。

1.計画期間

2015年4月1日~2018年3月31日までの3年間

2.目標

(1)男性職員がさらに育児に関われる環境を整備します。

<対策>

  • 1)「配偶者出産休暇」を現行3日から5日を上限に拡大します。
  • 2)ポータルサイトや職員向け広報誌などで、男性職員の育児支援制度周知をすすめます。

(2)所定外労働時間の削減のための措置を実施します。

<対策>

  • 1)長時間労働削減、休日適正取得管理ができるよう、所属長へ情報提供します。
  • 2)就業と休日取得に関する労使協議会を定期的に開催し、課題や目標を明確にした取り組みが出来るようにします。

(3)年次有給休暇取得の促進のための措置を実施します。

<対策>

  • 1)事業所単位での月次の有給休暇取得状況を報告させ、月次単位での進捗管理を実施し、全体状況を発信して、有給休暇取得を推進します。

(4)育児支援制度の周知や環境整備をすすめます。

<対策>

  • 1)女性職員のキャリア・育児・健康などの相談に対応できるよう、相談窓口を明確にし、周知します。
  • 2)ポータルサイトや職員向け広報誌などで、女性職員の育児支援制度周知をすすめます。

とちぎコープが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。