フードドライブ

「もったいない」を「ありがとう」に・・・

ご家庭で眠っている「食品」を店舗にお持ちください。
フードドライブの常時受付をスーパーマーケット型(SM型)店全店で実施中です。

とちぎコープでは、ご家庭で眠っている食品を寄贈していただく「フードドライブ」活動に取り組んでいます。寄贈していただいた食品は、「フードバンク宇都宮」を通して、必要とされる方々に無償で届けられます。社会貢献や自立支援の活動です。
店頭での「フードバンク」受付を行うなかで、「いつでも受付けてもらえるといいのに・・・」というお声にお応えし、サービスカウンターでの常時受付を実施しています。

「フードドライブ」の常時受付を実施している店舗
(各店舗名をクリックすると地図を表示します。)

多くの皆様のご協力をお願い致します。

フードドライブのイメージ

フードバンクとは・・・

日本では、毎年500万トン~800万トンの食べ物が、まだ安全に食べられるにもかかわらず廃棄されています。一方で、貧困ライン以下の生活を強いられている方々が、数十万人もいます。フードバンクは、こうした生活困窮世帯などの支援を必要とする人々に食べ物を提供し、有効に使ってもらう活動です。

フードバンク宇都宮とは・・・

とちぎボランティアネットワークを母体として、栃木県内でフードバンク活動に取り組んでいます。また、とちぎコープと共催で様々な企画を開催しています。

寄贈していただきたい食品

  • 1.未開封のもの
  • 2.賞味期限が1ヵ月程度以上あるもの
  • 3.冷蔵や冷凍でないもの
  • 4.アルコール類は扱いません

例えば・・・

  • ・ギフト食品(お中元・お歳暮など)
  • ・穀類(お米・麺類・小麦など)
  • ・保存食品(缶詰・瓶詰など)
  • ・インスタント食品・レトルト食品
  • ・調味料・食用油など
  • ・お菓子・飲料(ジュース・コーヒーなど)
  • ・ふりかけ・お茶漬け・のりなど
  • 当日店内で購入した食品の寄贈も大歓迎です!

フードバンクQ&A

とちぎコープ/フードバンク宇都宮

1. フードバンクって何?
日本では、毎年500万トン~800万トンもの食べ物が、まだ安全に食べられるにもかかわらず廃棄されています。一方で、貧困ライン以下の生活を強いられている人が、数十万人います。フードバンクは、こうした食べ物を生活困窮世帯などの支援を必要とする人々に運び、有効に使ってもらう活動です。

2. フードドライブって何?
フードバンク活動では、食品を製造したり、販売したりしている企業から主に食品を無償提供してもらいますが、特に、家庭から食品を無償提供してもらうことをフードドライブと言っています。(家から車で食品を運ぶことが多いためです)

3. 集まった食品は、どうなるの?
内容や包材などを点検して、栃木県内でフードバンク事業に取り組んでいる「フードバンク宇都宮」を通して、必要とする福祉施設や個人に無償で届けられます。
無駄な食品ロスを無くし、資源を有効に活用する「社会貢献」活動であるとともに、個人には食品を届け続けるのではなく、「生活や就労の自立支援」をサポートしています。

4. デリ宅配では集めないの?
管理上の問題や物流上の問題もあり、とりあえずスーパーマーケット型(SM型)店での収集とさせていただきます。

5. 取り組んだ結果の報告はどうなるの?
店舗でのお知らせなどを実施する予定です。

  • 提供いただいた個人の方には、個別の報告は基本的に実施しません。

6. なぜ冷蔵品や冷凍品、アルコール類は集めないの?
一番大きな問題は、保管と流通の問題です。食品の保管や物流には、冷蔵や冷凍の設備が必要になりますので、現状では扱いが難しい状況です。また、アルコール類は、生活支援や生活再建という主旨から扱っておりません。

とちぎコープが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。