とちぎコープとは

お買い物・サービス

コープの商品

社会的な取り組み

参加・イベント

3.11を忘れない ~被災地の今~ 第64回復興支援

2018年12月 7日

―復興を担う女性たち―

「復興の目撃者になってください」 ホテル・エルファロ共同事業体

「震災で両親も旅館も失った。親の死が受け入れられず事あるごとに泣いていた。家族には涙を見せないようにしていたけど、娘たちが気付いて"お母さん泣いていいんだよ"と言ってくれたんです」。その言葉で、佐々木里子さん(ホテル・エルファロ共同事業体代表)は再び旅館を営む決意をしました。
女川町にあった旅館や民宿の半分以上が津波で被災したなか、佐々木さんは同業者3人とともに2012年12月、トレーラーハウス40台を活用してホテルをオープンさせました。ホテル名はスペイン語で灯台という意味の「エルファロ」にし、トレーラーの外壁は「がれきの中、花畑のような心和む空間をつくりたい」とパステルカラーに彩りました。
開業から数年、エルファロはボランティアや復旧工事関係者、視察団体などの宿泊施設として女川の復興に貢献してきました。最近は、ボランティアを機に親しくなった町民に会いに来たり、おながわ秋刀魚収穫祭などのイベントを楽しみに訪れたりするリピーターが増えたそうです。「もう、被災して悲しい町ではなく、楽しく遊びに来られる町になりつつあるんです」と佐々木さんは喜びます。
2017年8月、エルファロは女川駅のすぐそばに移転し、新たなスタートを切りました。
駅前にはレンガ道沿いに雑貨店や飲食店が並び、賑わいを見せています。「一歩外に出れば海があり、手作り体験のできる工房がある。さらに女川は水産業、商業、観光業の間に壁がないので、宿泊やアクティビティの企画を立てる時も"これ俺たち手伝えるよ"とすぐ応えてくれる」。
その環境を活かし、エルファロは、温泉、バーベキュー、ダイビング、タイル絵付け、石けん作りなど、地元の事業者たちと連携した様々なプランを提供しています。「町にお客様を呼ぶには"業"を超えてつながりあうことが大切だと実感しています」。
佐々木さんは語り部活動などでよく「復興の目撃者になってください」という話をします。「ページをめくるように町が変わっていく。その経過を見てください。遊んで帰った後、再び1年後に来ていただいて変化を感じてください。それが女川を元気にしてくれますし、支援になります」。
復興という"光"を観に、もうじき8年になる被災地へ。エルファロは名前の通り、観光客を迎え入れる灯台となっています。

※ホテル・エルファロのHPはこちら 

情報提供/みやぎ生協

3.11を忘れない ~被災地の今~ 第63回はこちら

▲客室は全部で63室、約165名の宿泊が可能。「エルファロも女川の町もアットホーム。お客様を温かく迎えようという雰囲気に満ちています」と佐々木里子(さとこ)さん。

▲客室は全部で63室、約165名の宿泊が可能。「エルファロも女川の町もアットホーム。お客様を温かく迎えようという雰囲気に満ちています」と佐々木里子(さとこ)さん。

PAGETOP