理事長のご挨拶

とちぎコープ理事長 古口 葉子

とちぎコープ理事長
古口 葉子

6月13日に第29回通常総代会が開催され、全ての議案についてご承認をいただきました。ご参加いただきました総代の皆様、また日頃よりとちぎコープをご利用、ご参加いただいている組合員の皆様に、心より感謝申し上げます。

とちぎコープの組合員さんは25万2,335人となり、出資金は74億55万円となりました。2017年度の総事業高は271億5,957万円、経常剰余高は5億2,153万円と、わずかですが増収減益の結果となりました。また2017年度特別対策店舗に指定したミニコープ城東店は、様々な対策を行い、多くの組合員の皆様にもご協力いただきましたが黒字化には至らず、2018年度も黒字化が見込めないことから、7月15日に閉店させていただくこととなりました。これまでミニコープ城東店をご利用いただいていた組合員の皆様に、心より感謝申し上げます。2018年度は、厳しい経営状況が続いているミニコープ富岡店とミニコープ野木店を特別対策店舗に指定させていただくこととなりました。それぞれの店舗にあわせた対策を行えるよう、力を尽くしてまいります。

2018年度は、新たに電気小売事業にも取り組んでまいります。現在温室効果ガスの影響で地球温暖化が進み、国内外で様々な異常気象が起きています。温室効果ガスの主な要因であるCO2の削減は、我々人間の喫緊の課題です。新事業の取り組みを通して、環境問題やエネルギー問題について、組合員の皆様とともに考えていくことができればと思います。

環境問題だけでなく、人権や福祉、貧困や平和など、様々な問題が今私達の暮らしを取り巻いています。2018年度も、明日に繋がる社会が明るい未来となれるよう、組合員の皆様と力をあわせてまいりたいと思います。

2018年6月
とちぎコープ生活協同組合
理事長 古口 葉子